沖の島 (高知県)

沖の島 (高知県)とは?

全域が宿毛市に属する。東経132°32’ 北緯32°43' 周囲約17q、面積は10.5ku。宿毛市片島港より海上約25km地点に位置し、人口は2006年現在283名。標高404mの妹背山を中心として水量豊かな谷川がある。島は花崗岩から成り、至る所に断崖や急斜地が見られ平地は少ない。沖の島は母島地区と弘瀬地区を中心に大小五つの集落より形成され、支所や漁協・郵便局・小中学校・診療所などの施設がある。磯釣りやマリンスポーツの島として人気を集めている。

  • この島に人が住みはじめる様になったのは鎌倉時代頃だと伝えられている。弘瀬には島祖と言われる三浦則久一族開拓説が、母島には山伏開拓説など諸説がある。
  • 徐々に土佐と伊予の勢力が沖の島へと及び、室町時代には島が両国によって分断される。藩政時代に入ると再び領有権問題が勃発し、幕府の法廷により土佐藩と宇和島藩との領土争いが展開された。国境争いは土佐藩の家老野中兼山の活躍などにより土佐側の主張がほぼ認められる形で決着、島内に土予国境が確定した。この様な歴史的経緯により、弘瀬側は土佐、母島側は伊予と一つの島に異なる伝統や風習が語り継がれ独自の風土を形成している。
  • 明治時代に入ると隣接する鵜来島と共に沖の島区域全域が高知県に転入される。太平洋戦争時には四国防衛の要衝として沖の島区域の基地化が進められる。沖の島には特殊潜航艇基地やレーダー基地など、鵜来島には大砲などが整えられ着々と本土決戦の準備が進み昭和20年8月には全島民に強制疎開命令が出る。しかし、直後に終戦となり沖の島が戦場となる事はなかった。現在も基地跡などの遺構が残っている。

マリンスポーツ

四国高知は、宿毛市の洋上24km、紺碧の海に浮かぶ沖の島は、海の美しさとともに神秘的な断崖の光景と四国ならではの集落風景(干棚、石垣、段々畑)が目を引きます。この島はマリンスポーツが存分に楽しめるスポットとして人気を集めています。

ダイビングファンのロケーション定番といえば、沖縄方面やサイパン、ブーケットなどが有名ですが、いわゆる観光地ですから、人が多くて落ち着けません。もっと近くて人が少なく美しいトロピカルシーンが堪能できるダイビングロケーションとして、沖の島"がひそかなブームなのです。

熱帯魚

沖の島は、沖ノ島本土・姫島・鵜来島からなります。黒潮が当たるので、回遊魚がやってきたり、熱帯性生物が定住する海の宝石箱です。
なんといっても水の透明度が違います。水深20メートルまで日光が届くということはプランクトンが多く、稚魚たちの生育環境としても最適です。そしてその稚魚をエサにする別の魚も多くなるという食物連鎖によって、沖の島の海は日本でもまれに見るトロピカル海洋生物の宝庫となっているのです。

ファインディングニモで有名になった南洋の仲間ナンヨウハギは、青色の体に黄色い尾びれ。体側の黒色横帯は親指と人さし指でOKサインを出しているようで面白い体です。ごく浅い明るいサンゴ礁のハナヤサイサンゴなどに群れているようすは、はでな体色とぴったりあって、南の海の代表的な情景です。
サンゴに擬態しているピグミーシーホースは、15mくらいの水深でも何色か色まで違って生息しています。
サンゴは暖かいところでしか生息できないのでこの海域は『熱帯魚が永住』するにはもってこいの場所だともいえるでしょう。
つまり、『数多くの生物の生き伸びるに適した環境』が沖の島に存在するということです。

そのほか、沖の島で見ることができる海の仲間たちを紹介しましょう。
マダラエイ、ヒレナガカンパチ、ツムブリ、フエフキダイ、メジナ、イサギ、ウメイロモドキ、シマアジ、アカヒメジ、アカハタ、ユカタハタ、ツキチョウチョウウオ、イッテンチョウチョウウオ、カスミチョウチョウウオ、ハナグロチョウチョウウオ、アカネキンチャクダイ、タテジマキンチャクダイ、サザナミヤッコ、シテンヤッコ、タテジマヤッコ、キンギョハナダイ、カシワハナダイ、フタイロハナゴイ、カマス、ダツ、ヘラヤガラ、クダゴンベ などなど。

釣り

釣りファンにとっても、沖の島は見逃せません。沖の島周辺エリアは日本有数の磯釣りポイントとして知られ、年間3万人以上の釣り客が訪れます。黒潮に乗って流れてくる多くのイワシやキビナゴなど小魚の群れを追って回遊魚の宝庫となっているからです。
ツバメウオ・ロウニンアジ・ギンガメアジ・イトヒキアジ・シマアジ・ナンヨウカイワリ・ブリ・カンパチ・オキボラなど様々です。

釣りの楽しみはいろいろあり人それぞれですが、まずは単純に釣る楽しみです。釣れても釣れなくとも、ほかのことは一切考えずに釣ることに集中できるという精神的な効果が大きいでしょう。次の楽しみは、何と言っても食べる楽しみです。釣果を、どのように料理し釣れた時の状況を講釈しながら食べるのが大きな楽しみなのです。そんな釣りの基本に立ち返ることができる沖の島です。

この日本屈指の釣場で最上級の獲物を競い合うべく、2008年11月1日から沖の島・鵜来島地域の磯釣りランキングを開催しています。
このランキングは、インターネット・携帯電話でリアルタイムなランキングとして参加を受け付けています。

ダイビングも釣りもできないという人には、海岸で海水浴をしながらシュノーケリングでもトロピカルシーンが楽しめます。"うどの浜海水浴場"は素晴らしい透明度を持つビーチで、足元に熱帯魚が遊ぶというステキな海岸です。海の家があり、売店、トイレ、シャワー、脱衣場なども整備され体験ダイビングやバーベキューもできたりします。先にも紹介したように遠くから見るとブルーとエメラルドグリーンに染まる美しい海岸です。キレイな海岸でのんびりくつろいでいると、まるでプライベートビーチのような錯覚を覚えてしまうほどです。俗世をしばし忘れられるこのビーチは、どこかブラジルのイパネマ海岸を思わせる風情で、孤島の海水浴場ならではの魅力といってもいいでしょう。

スピリチュアルな見所

そんな美しい海の光景は、山頂からも望めます。島の最高峰『妹背山』は、標高404m 四国百山、百名山のひとつとなっています。登山時間は約1時間半です。気持ちよく汗をかいたあとは、雄大な自然のふところにいだかれて、大きな感動に包まれます。
「今昔物語」には、その昔幼い姉弟が舟で流され、島ににたどり着き、いつしか夫婦になって暮らしたという伝説の物語の舞台として記されています。
沖の島は、かつて無人島でしたが、本土から山伏が渡来してきたと伝えられ、山伏神社や宿毛市指定天然記念物「山伏のすだじい」などのスピリチュアルな見所が多数点在するパワースポットとも言えます。

そんな沖の島への旅は、定期連絡船です。片島を出て、母島、弘瀬、鵜来島を巡航する定期船に乗ると、船からは、まぶしい陽光にキラキラ輝く水面、透明なアクアマリンの海など心ゆくまで楽しめます。

関連リンク

ニュース